100キロマラソン完走。人の手に頼らずに、痛みから開放される術を探し続け、ようやく見つけました。

2012年6月9・10日にエゴスキュートレーナーコースを受講しました。今後は一人でも

多くの方に素晴らしいメソッドを広めて行きたく思います。

私がエゴスキューに出会ったのは、2011年4月です。体の各部位に痛みを抱え、悩んでいた私の目に飛び込んで来た文字が、「痛み解消メソッド」「筋肉の再教育」。疑い深い私が、吸い込まれるように出逢った一冊の本。ピート氏が病床で発案したエクササイズ。社会復帰の強い信念がもたらしたエゴスキューこそが、正しく私の求めるものでした。

10年前、野球の試合中に突然襲い掛かった膝の激痛。行く先々の病院で変わる診断名。半月板損傷、棚障害、膝蓋軟骨軟化症と、的確な治療法もなく、手術をしたとしても完治する保障も得られず、挙句の果ては、「趣味なのだからマラソンと野球を止めたら」と、言い放つ医師もいました。強い痛み止めと2ヶ月間の安静で様子をみましたが、痛みは軽減したものの完治には至りませんでした。この苦い経験から人の手に頼らずに、痛みから開放される術を探し続け、ようやく見つけた瞬間、飛び上がる思いでした!

4月18日初めての個人セラピーで掲げた私の目標に、セラピストは「一緒に頑張りましょう」と言ってくれました。今まで誰も言ってくれなかった一言が、私の心の奥底に響きました。

目標① 9月25日、村岡(兵庫県)100キロマランは、私の誕生日と重なるので必ず完走する。目標② 10月30日、第1回大阪マラソンは、コース上の30キロ地点に実家が在り、そこを2時間45分で通過する。

以上の目標に向けて、セラピスト水島氏が立ててくれたタイムスケジュール。帰宅が不規則なために、練習は早朝にしか出来ません。そこでメニューを三分割にして、寝起きに20分、18キロのランニング後に20分です。(逆算すると起床は午前3時30分になります。)最後は、帰宅後のエクササイズです。40分間行うと、就寝が23時頃になります。当初は、寝不足で御飯を食べながら、寝る事もありましたが、徐々に生活習慣となり、乗り切ることが出来ました。

目標①は「誕生日おめでとう」の大合唱の中、ゴールテープを切る事が出来ました。

目標②も3分遅れで通過し、目標は達成しました。

エゴスキューが私に教えてくれた事は、「変わりたい未来の自分を想像して実践すれば、未来の自分は創造できる。」でもこれって、万人受けではないと思います。時間が無い、朝は辛い、毎日は出来ないという人がいますよね。そこで皆様にお奨めしたいのは、エゴスキューの各セミナーに参加する事です。

他の講習会では味わえない一体感を伴った空気。昼食時の自己紹介では、辛く苦しい筈の体験談も時折、笑顔を交えながら伝え合えました。一人だと痛みに耐えきれず、ネガティブな気分になりがちですが、参加者の皆さんは、情熱を持ち、前向きで、自然体でした。まさしく、エクササイズでの必須事項『肩の力を抜いて、笑顔を忘れずに』を、実践されていました。 <エゴスキューファミリー>See you again

(奥田雅巳さん 奈良県 52歳)


カテゴリー: スポーツ他, マラソン, 半月板損傷, 棚障害(膝), 膝の痛み, 膝蓋軟骨軟化症, 野球 パーマリンク