3歳で若年性関節リウマチと診断され「いつか歩けるようになりたい!」という19年間の夢が実現!家の中では自分の足で行動でき、冷え性やめまいも改善

K.Kさん(30代、女性、神奈川県)

himawari私は3歳から若年性関節リウマチと診断され、膝の痛み、関節破壊が進み12歳から車椅子の生活となり、31年間、歩行困難、首の歪みや痛みに悩まされる人生を送ってきました。

全身の筋肉は衰え、立ち上がる力もなく、冷え性、疲労感、めまいなど、様々は症状が辛かった日々。そんな時、小学校で出会った親友からエゴスキューを強く勧められて、8回の個人セラピーに通うことになったのです。

エゴスキューを初めて1ヵ月後、身体が動きやすくなっているのを感じました。「自分の身体と骨が動いている!!!」立ち上がることができなかった私が、一人で立ち上がれるようになったり、少し歩くことも出来るようになりました。

そして最近では、家の中では車椅子をを使うことなく、朝から晩まで自分の足で行動することが出来るまでになりました。寒がりで冷え性が悩みだった私ですが、冷房の中にいても気にならず、めまいまでも改善されたのです。

車椅子の生活になったときは、「いつか歩けるようになりたい!」と、夢はあったものの、ここまで安定した歩きが出来るようになるなんて、正直、想像もしていませんでした。

身体のゆがみが修復され、私の「健康な身体になりたい!」と、願う気持ちに身体が応えてくれたと思うと、自分の身体が愛しくて、自分の人生を大切に生きていきたいと、思えるようになりました。

エゴスキューをする前は、歪みだらけで筋力もなく関節の変形もあった私ですが、本当によくなるのか、とても不安でした。でも今では勇気を出して個人セラピーに通ってよかったと思っています。

身体は自分の気持ちや努力に必ず応えてくれます。自分の元気を是非、多くの人達に取り戻して欲しいと心から願っています。


カテゴリー: その他の症状, めまい, 冷え, 膝の痛み, パーマリンク