障がい者認定を受けるほどだった
体の痛み・ゆがみが、エゴスキューで改善!

かつて私は、交通事故での大腿骨の複雑骨折を経験しました。事故による手術で右足の方が長くなり、ひざと足首は変形関節症になり、椅子に腰掛ける時など、体を低くしながらひざを緩ませていくとひざが内側へ折れ、かかとが上がってしまうほどでした。そのゆがみは身体障がい者認定を受けるほどの状態でした。

その後は、起き上がれなくなるほどの脊椎すべり症、肩関節症、腰痛、ぎっくり腰、ヘルニアになり、痛みが出ると整形、整骨院、整体へ駆け込むようになりました。治療してもらった時は良くなるものの、数日経つと元に戻る、そんなことを20年以上繰り返してきました。

3年前、退職を機にひざと足首の金具を取り、インターネットで「成功率95%」という「エゴスキュー」を見つけて、さっそく「エゴスキュー腰痛解消プログラムDVD」を買い実践してみると、整体へ行った時と同じに腰痛が一回で消えたのです。

昨年は、毎日の雪かきで、腰痛が出てはDVDのメニューを行い続けるうちに、痛みも出なくなり、体も軽く動けるようになったことに感動して、「他の人にも伝えられたら」とエゴスキュー・トレーナーを目指すことにしました。そしてトレーナー養成コースで姿勢の重要性を学び、1回目の個人セラピーでは「自分のような体でも正常に戻れるのだ」と希望を持ちました。

個人セラピーを受け始めてからは、もう治らないと思ってたヘルニアのしびれも2ヵ月ほどでいつの間にか無くなり、E-サイズ(エゴスキューの運動) によって、右足のひざが外側に1センチも動かなかったのに、今では10センチくらい開くようになってきました。さらに、右の足首の曲がり方も3分の2程度 まで改善して、足の筋肉が機能を取り戻しつつある状態で、毎晩ふくらはぎに好転反応の痛みを感じています。

まだまだ改善しそうで楽しみです。

これからも自分のメニューを続けながら、姿勢分析などをさらに勉強し、次はエゴスキュー・セラピストを目指して、明るく元気に過ごせるようにエゴスキューを紹介していきたいと思います。

(編注:この体験談を寄せて下さった当時はまだ講師未経験でした。)

(山田治男さん 青森県 60代)


カテゴリー: 変形性膝関節症, 変形関節症(足首), 肩関節症, 脊椎すべり症, 腰椎椎間板ヘルニア, 足首 パーマリンク