看護師も推薦! 手術を勧められた腰椎すべり症がエゴスキューで改善!

3年前に腰椎すべり症(腰椎のずれによって起こる症状)を発症。その後再発を繰り返し、ついに昨年6月5日、朝起きたら、突然全く動けなくなりました。

第4腰椎すべり症、脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう。何らかの原因で脊椎が狭くなり、中を通っている神経が圧迫されることで腰痛やしびれを起こす)との診断。一瞬、ヘルニアも飛び出していたそうです。腰から両足にかけてのしびれと痛みがひどく、痛み止めは全く効かず、身動きが取れない状態でした。

医師から手術を強く勧められ、ネットですべり症の治療の名医、有名病院を探しているときにエゴスキューを知りました。

半信半疑ではありましたが、私自身、手術はしたくなかったので、まずは試してみようと思い、腰痛解決プログラム(DVD)をすぐ注文しました。

腰痛解決プログラム(DVD)をすぐ注文しました。6月10日、早速E-サイズ(エゴスキューの運動)を開始。

丸2ヶ月が経つ頃から、休みながらも、何とか家の中での生活が出来るようになりました。この頃、足や腰、背骨の骨がポキポキなり始め、骨が動くのを感じました。2ヵ月半経つ頃には200~300mを休まず歩ける程に。この頃には、動かなかった筋肉が動いているのがわかり、骨格が変化し始めているのを実感したのです。

丸3ヶ月が経つ頃には3000mをしゃがみ込む事なく続けて歩けるようになり、意を決し、個人セラピーを受けるため1人東京へ。

そして、エゴスキュー開始から4ヶ月後には、再び乗馬ができるようになりました。

痛みで動けなくなった時は、絶望感と不安で一杯でしたが、心身ともに健康を取り戻せつつある今、エゴスキューに出会えた事に感謝!幸せを感じています。

(北海道 津川智賀子さん 看護師 50代)

(写真:痛みで身動きが取れなくなり、乗馬も出来なかったが、Eサイズ開始から4カ月、再び乗馬が出来るようになった、津川さんの記念すべき一枚。愛馬武蔵、愛犬ペロと。)


カテゴリー: 脊柱管狭窄症, 腰椎すべり症, 腰椎椎間板ヘルニア, 腰痛 パーマリンク