脊柱管狭窄症の手術では治らなかった足のしびれが改善。人間の体の素晴らしさに感謝!

児玉 克巳さん (64歳、男性、神奈川県)

児玉克巳さん、順子さんご夫妻
半年ほど前にギックリ腰になり、その話を妻が知り合いの方にしたところ、その方がエゴスキューで腰痛から解放された方で、『腰の痛みにはエゴスキューが一番』と勧めてくださいました。ギックリ腰になったのは、今回が初めてだったが、3年ほど前に脊柱管狭窄症で手術を受けていました。椎間板ヘルニアで腰痛になったこともあり、腰が弱い状態でした。

脊柱管狭窄症は、手術はうまくいって、歩いた時の足の痺れはなくなったのですが、足の裏の痺れは残っていました。ギックリ腰の痛みがおさまったころにエゴスキューの個人セラピーを受けて、メニューを作ってもらいました。

最初は、E-サイズを またギックリ腰になると思いながら おそるおそるしていたのですが、1週間くらいするうちに背骨のまわりがしっかりしてきたような感じがあり、怖がらずにできるようになった。また、脊柱管狭窄症の手術後ずっととれなかった足の裏の痺れがだいぶ改善したことも感謝でした。

エゴスキューは使っていない筋肉を刺激して、体のバランスを本来の姿に戻すことで、体の歪みや痛みを治すものと理解していますが、小さな負荷での刺激だけで活性化する人間の体の不思議さを感じます。人間の体の素晴らしさ、それとそれを造られた方の素晴らしさ、そしてそれを発見したエゴスキューに感謝します。

ぜひ、みなさんもエゴスキューを通して、自分の体の素晴らしさを発見してください。


カテゴリー: ぎっくり腰, 痛み解消編, 脊椎管狭窄症, 腰椎椎間板ヘルニア, 腰痛, パーマリンク