変形性膝関節症で曲げることができなかったひざが曲がるように!~猫背も大幅に改善~

大澤 光雄さん(69歳、宮城県)

大澤光雄さん(体験談)-1

ゴルフのレッスンの特典ビデオの中に紹介があったのがきっかけで、エゴスキューのことを知りました。このビデオを見ながら実践したところ、1週間くらいで妻が「姿勢良くなったね」というので効果があると確信しました。

私の不調は、20年位前にひざが曲がりにくくなって正座が出来なくなったのが始まりで、今までに、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)や脊椎分離すべり症(第5腰椎)と診断されたこともあります。

エゴスキューを始める前には、ひざや腰それぞれの症状に対して、下記のように様々な治療を行ってきました。

体験談参考画像【1】平成10年頃からひざが曲がりにくくなり正座が長時間できなくなりました。カイロプラクティックの施術を受けたが、ひざが曲がらない状況は改善されませんでした。

【2】平成16年頃には、原因不明で腰が痛くて起きれなくなり1週間寝込んだことがあります。病院でレントゲンを撮ったところ脊椎分離症(せきついぶんりしょう)と言われ、コルセットをあてる、湿布を貼るなどしているうちに自然治癒していきました。

【3】平成24年の夏、会社近くの診療所で初めて変形性膝関節症と診断され、治療法はないと言われ、湿布と飲み薬をもらいました。その後、ひざ痛が良くなってからよく歩くことを心がけ、目標を1万歩とし、体重が若干減って気分が良くなった。S社のグルコサミンのサプリを飲むようになりました。

【4】平成25年の秋ころ、筋力強化のため歩くのが良いと考え、1万歩を目標として頑張って歩いたが、平成26年冬頃ひざが痛くなってきたので無理に歩くのはやめ、通勤程度の1日6,000歩くらいの歩行をすることにしました。ひざが特に痛い時は、両ひざにサポーターをしていました。その後、下半身全体のサポートウェアを購入し、散歩のときに使用したところ、結構楽に歩く事ができ、ゴルフの際も同様に、事前に腰に湿布を貼ってラウンドしていました。

また、靴底を測って、特別なインソール(15万位で芯は金属)を使用したが長く続かず、ひざに良いという1本歯の下駄理論を取り入れた靴を購入したが、改善効果が中々見えずこれも長く続かなかった。

【5】平成27年7月頃から、ひざが固まってギシギシしている感じがあり、5メートル離れた印刷機のところまで行くのにも、椅子から立ち上がるのが大変になりました。またラジオ体操のジャンプも出来なくなり、「ひざの痛み改善プログラム」という整骨院の先生のビデオと解説書を購入し実行したが、ギシギシは変化なくこれも長く続きませんでした。

【6】平成28年10月頃、仙台へ戻ってから「中度の変形膝関節症」と診断された。歩くのが遅くなり、私より年上の人にスイスイと抜かれてしまうのが情けなくなった。治療は筋トレを自分で毎日する。医院ではリハビリをする、ひどい時はヒアルロン酸注射をしてゴルフに行く。リハビリをすると痛みは無くなるが、少し経つとまた痛くなる。この繰り返しでした。グルコサミンは相変わらず飲んでいます。1ヵ月止めたら痛み出したのでまた飲み始めました。

特典ビデオにあったエゴスキューのエクササイズを実践してみて、効果があると確信し、6月にエゴスキューの体験教室に申込み、その後すぐに個人セラピーを受講することとしました。

タワー1回目のセラピーの時に、エクササイズ実行前後の写真を比較して、その差を見て「やるぞ!」という意欲が沸いた。家族にも見せると「すごいね!頑張って!」っと激励されました。

8回の個人セラピーを受けて、毎回異なるメニューをこなしていくことが楽しくなった。タワー(右写真参照)を10月頃から使い出して効果が表れてきた。ただ、肩の先の骨が気付くと痛みがあり、3カ月過ぎた今ではかなり薄れてきた。骨格が改善されるときの痛みであると思う。この点の勉強をこれからして、確信にしたいと思っています。

スクリーンショット 2013-10-31 15.50.14タワーでは、ゴルフのスイングの基礎に共通する腕のエクササイズがあり、喜んで実行しています。ゴルフを長く続けたい思いからエゴスキューを始めたが、7月のラウンドでグリーンにしゃがんで芝を見ている自分に驚いた。ひざを曲げることが出来た。4月にはまだ腰を曲げてみるのがやっとであった。だから?パットがよくなってきた。まだまだスコアアップする実感が持てて楽しみである。

また、O脚の改善、猫背の改善などのために肩甲骨を良く動かすエクササイズなど次々に実行してきました。歩いていると肩が自然と開いていることに気付きました。まだまだ歩くのは遅いが、年上の人にスイスイ抜かれる状況からは脱してきました。そして、2月の最後の自分の姿勢写真を見て「猫背」が大幅に改善されていたことが大変嬉しい。会社の同僚にも見せて驚かれています。さらに、自宅のマッサージ機で背骨のカーブラインが出るが、それも真っ直ぐになっているのにビックリした。

今までいろんなことを試して、3日坊主の私でしたが、エゴスキューはもう1年以上続いていることに驚いている。そして、日増しに良くなっていく自分をみつけています。

また、エゴスキューを始めてからは、今まで週3日は通っていた整形外科にほとんど行ってません。変形性膝関節症では、整形外科に通っていないが、脊椎分離症では正月にコタツにこもり過ぎて、腰痛となり2度ほど行きましたが。この症状の人は無理をするといけないと先生にやんわりと指導されました。
最近感じているのは、毎日続けないと効果がないと思っていたが、都合で出来ない日があった。その翌日の散歩は、非常によく歩けた。1日おきに実施する方が、効果的なのだろうか。毎日やるとむしろ、ひざなどが痛いというより重いといった感じで、歩くのも遅くなる。しかし、3日やらないのはダメでした。

painfree_book8回のセラピーを終えたら、あとは一人でどうするのかと心配していた。個人セラピーを継続できる、メンテナンスコースがあるとのことで、早速申し込んだ。これからもずっと続けていきたい。また、グループ講習を受けて、少しでも体やエゴスキュー理論の勉強をしたいと思っています。

~これからエゴスキューを始める方へメッセージ~
今まで何をやっても長続きしなかったが、エゴスキューだけは続いている。理屈抜きで簡単なので、まずトライしてみて下さい。きっと効果があります。


カテゴリー: 変形性膝関節症, 脊柱分離症, 脊椎すべり症 パーマリンク