椎間板ヘルニアを改善し、今はエゴスキューのトレーナーを目指しています

東京都 50代 R.I様

40歳を過ぎた頃から、2度の交通事故、花粉症、手の湿疹、喘息、突発性難聴と続き、体重も10kg増えました。

更に追い討ちを掛けるように股関節が外れそうになり翌年には坐骨神経痛で寝たきり状態になり、整体、リンパマッサージ、骨盤ストレッチ、鍼などしましたが一時的に回復しても、長時間立ったままでいただけで再発してしまいました。

整形外科で、レントゲンやMRIにより椎間板ヘルニアと診断が下り、痛みと付き合って行くしかないと言われました。

この先ずっと再発の不安を抱えて行くのは嫌だなと思っていたところ『腰の痛みを自分で治す』という本で、エゴスキューを知りました。

そして、体験会やグループセラピーに参加して、個人セラピーを勧めてもらいました。

4回目のセラピーまでは、エクササイズが変わる度に激痛が走り、本当に良くなっているのか心配でしたが、周りの人に「表情が明るくなったね」とか「顔が小さくなった」と言われるようになり、歯医者さんではレントゲン撮ったら顎の位置が今までの位置から動いて元々のところに戻っていました。

それだけ顎もズレていたんだと知り、歯医者さんで噛み合わせの矯正とエクササイズを並行して1ヶ月で全く痛みは無くなりました。

これからエゴスキューのトレーナー講習を受けて、痛みを抱える方の改善のお役に立てれば嬉しいです。

(東京都  50代 R.I様)

 

R.I様も体験された、個人セラピーの詳細はこちらです。

 

 


カテゴリー: 坐骨神経痛, 股関節, 腰椎椎間板ヘルニア パーマリンク