脊椎変性側弯症と診断され、生きているのも面倒くさいと感じる状態に。エゴスキューに出会えなかったら、ここに、今の私はいなかった

松本 香苗様 体験談用写真DSCN1690私は今、スペイン、マドリッドにいます。
娘の結婚式の準備のため、大きな荷物を2個引っ張って、1人で、飛行機を乗り継いでやって来ました。もし、エゴスキューに出会えなかったら、ここに、今の私はいなかったでしょう。

腰に何とも言いようもない虚脱感を感じて床にへたり込んだのは、忘れもしない、33歳のある朝のこと。
嫁いで夫の親と同居。商売、家事をこなし、3人の子育てで座る暇もない生活に、腰が悲鳴を上げたのです。でも、健康が当たり前だった私は、そんな生活、生き方を変えようとはせず、鍼、整体、カイロプラティックで腰の痛みを取っては働き続けました。

ある日、洗髪で頭を下げ、臍(へそ)が腹の中央にないことに愕然。駆け込んだ整形外科の診断は、”脊椎変性側弯症。手術をしなければ治りません”
手術する気は全くありませんでしたが、根本的に治す手段もないまま50歳に。

ヨガと出会い、10年間、自分の身体を観て、感じることを学んだものの、大きく歪んでバランスを失った身体を正すことはできませんでした。それどころか側弯を支える左半身の極度の緊張のせいで左背中に強い強張りが生じ、その強張りの広がりが心臓を止める危険を持つに至ったのです。幸いなことに、気功治療で、最悪の状態からは脱したものの、治療をしていなければ良い状態を維持できない。

エゴスキューと出会ったのはそんな時、ほんの一月半前のことです。

ここに来てからも、毎朝、eサイズをやり、私の筋肉に語りかけています。そうすることが、一ヶ月のスペイン滞在を可能にし、これからの人生を存分に楽しませてくれる、と、確信しています。

 

さらに、松本さんから詳しいお話をお聞きしています。
エゴスキューとの出会い、改善への経緯など、ぜひ、引き続きお読みください。

 

1.何で、エゴスキューをお知りになりましたか?

長い間、腰に違和感を感じ、様々なことを試みましたが思うような改善はなく、現状維持がやっとでした。
60歳を過ぎた頃、母との同居をきっかけに母の通っていた気功治療と出会い、その治療のおかげで、腰と、腰の悪さから来る全身的な不調が快方に向かいました。
しかし、治療に通い続けていなければ、良い状態を維持できない。そのことに、いまひとつの物足りなさを感じはじめたのです。
そんな時、同じ悩みで気功治療を受けていて、私の状態をよく知っていた友人が、エゴスキュー・メソッド紹介してくれました。
それがわたしとエゴスキューの出会いです。

2.どのような病名、症状名がありましたか?

腰椎変性側彎症 …腰椎が回転を伴いながら側弯した状態。
初期は腰痛、腰のだるさ、背中の懲り、こしに鉄板を入れたような感じもありました。
その後、全身的な倦怠感、何より意欲の低下がしんどかったです。
YOGAをすることで、一時はそれらの症状は改善したように見えましたが、年齢を重ねるごとに、アサナ(ポーズ)を維持することに無理が出て、左の腰の後ろに筋肉のこわばりが起こり、次第に悪化し左背中に広がって行きました。
その頃には、痛みも感じなくなり、ただ全身状態悪く、マイナス思考になり、生きているのも面倒くさいと感じる状態でした。

3.どの位の期間、その問題がありましたか?

初めて腰に違和感を感じたのは33歳の時。その後、無理をすると何らかの症状が出ていましたが、仕事、子育ての忙しさと若さにかまけ、無理をし続けました。
いよいよ身体がきつい、何とかしなければ、とYOGAを始めたのが50際を過ぎた頃。
一時は改善しましたが、60歳を過ぎると体力的に無理が来て断念。
実家の母の介護をしなければならず、気候治療でなんとか乗り切り、今に至ります。

4.1.の病気や症状に対し、どんな治療を試しましたか?

整形外科での治療、
針治療、カイロプラクティック、各種整体
YOGAと、YOGAの治療クラスなど
整体気功治療。

どんな効果がありましたか?

✳︎整形外科では、対処療法のみ。
側弯を発見された時は、
「痛みがなく、生活に支障がなければこのままで良し。痛みをがまんできなくなったら、手術」
と言われました。
治療はしないけれど、時折レントゲンを撮って貰って現状把握をしていました。
60歳を過ぎたら「手術するなら早い方がいい」と言われましたが、手術する気は全くなかったので、無視していました。

✳︎鍼治療や整形、カイロは、痛みを取り、仕事や家事が出来るようにしてもらいました。
でも、根本治療にはならず、悪くしては治し、治しては悪くしてしまう、の繰り返しでした。

そうこうしながら、自分の姿勢、身体の使い方が違うから具合が悪くなる。正しい身体の位置、立ち方、使い方、更には、自分の身体の癖や質を知らなければ健康にはなれないと感じ、そんな指導をしてくれるところはないだろうか、と考えるようになりました。

✳︎それに答えてくれたのが、アイアンガーヨガでした。

昔から伝わるヨガのアサナを科学的に考察し、アサナひとつひとつの効果を解明した上で、アサナの順序や組み合わせも研究、確立していて、治療効果も期待できました。
しかし、わたしの場合、脊椎に側弯を持ってアサナを続けることで、側弯を支える左半身に極度の緊張を強いることになり、左背中に強張りが出来、ヨガをやればやるほど強張りは強く広がるようになってしまったのです。
アイアンガーヨガの指導者が、私が期待したほどの指導能力、技術、知識を持ち合わせていなかったのだと思います。
しかし、ヨガをする事で、自分の身体を観て感じることを学べ、自分の心をもコントロールすることは可能であると知ることができたのは、大きな収穫でした。

5.個人セラピーや腰痛解決プログラム(DVD)、
1日講習会等試して、どの位の期間で症状が改善されましたか。
何を実施して、どのように改善されましたか?

個人セラピーをうけました。

立ち姿を写真に撮った上で、経験を積んだセラピストさんの目で、身体の歪み、骨盤の回転、歪み、などがあらゆる方向から指摘され、紙に書かれてゆくのが嬉しかった。
それまでに、そのように私の体を分析してくれる人は誰もいなかったし、現実を知らずして、何をどうしていけばいいのかが、わかるはずありませんから。

その後、実際の身体と照合させながら、私の身体に関しての丁寧な説明があり、その身体ならこのエクササイズを、と打ち出された時には、既に、私の体の8割は良くなっていたのではないかと感じるほどに、私が求めていたことに合致していました。

初めてのセラピーからちょうど一月後に、娘の結婚式のために一人でスペインに行き、一ヶ月滞在しなければならない予定がありましたので、それを視野に入れてセラピーの計画を作っていただきました。
頂いたエクササイズは無理なく、簡単で、時間もかかりません。何より動かそうとしている筋肉が何処なのかを感じられ、それ以外はリラックスしていられるので身体に緊張が走らない。頑張る必要もなく、楽な体位でできますから、身体が喜んでいる!!と感じました。

✳︎バランスが悪く足元が不安定だったのがしっかり安定した足取りになる。
✳︎疲れにくくなり、疲れたと感じたらすぐ横になって休めば、元気を取り戻せる。
✳︎頭がすっきりしないで雲がかかって動きを止めていたようだったのが、
回転するようになり集中力が増した。
などの効果を感じ、出発準備の忙しさを乗り切ることができました。
何より、スペインに行くことへの不安がどうしても拭い去れなかったのですが、自分の身体に自信を持てるようになったことで、不安はなくなり、行くことが”楽しみ”になったのが本当にありがたかったです。

3回目のセラピーのエクササイズメニューを持参してスペインにいます。
娘の結婚式を控えて、慣れぬ土地でも元気でいられます。
娘と小旅行に行くこともできました。
勿論、行く先々でもエクササイズは忘れずにやりました。
だって、身体が、やって!!とせがむから。

6.エゴスキューを経験して、今の感想は?

エゴスキューを知らなかったら、今の私はここに居ません。
エゴスキューをやらなかったら、今をこんなに楽しめなかったでしょう。
エゴスキューを続けていれば、明るい未来が開けると確信しています。

7.これから始める人に向けて、何か伝えたいことをご記入ください。

まず自分の身体を諦めないでください。
身体はとても賢く優秀です。
そして
その身体が、あなたの人生の基盤なのです。

何らかの不具合があって、身体が不調を訴えているとしたら、
エゴスキューメソッドが、その身体の訴えに応じてくれます。
あなたがあなたの身体と対話する方法を教えてくれ、応援してくれ、
本来の力のある身体に戻す手助けをしてくれます。

でも、それをするのはエゴスキューメソッドではなく、あなたです。
あなたの身体をあなたが知り、感じ、丁寧に調整することができれば、
身体は必ずやそれに応え、あなたを良い未来に導いてくれる。

エゴスキューメソッドに出会って、私はそう確信しています。

 

 

(埼玉県川越市 松本香苗様 60代)

 

松本様も体験した、個人セラピーの詳細はこちらから。

 


カテゴリー: その他の症状, 側弯症, 背中, 腰痛 パーマリンク