「手術をしないで治せるならがんばろう!」と毎朝エクササイズを実践!体が改善されていくのを実感中です。

風景
「ある日、20~30センチ歩くだけで足の付け根などに痛みが出て、左手もまったく上がらない。とうとう、しゃがみこんで休まないと長く歩けなくなってしまいました。

医者からは腰部脊椎官狭窄症(ようぶせきついかんきょうさくしょう)と診断され、近くの整骨院でマッサージを受けたり、整形外科に通ったり、リハビリを交えた体操を2ヵ月ほど続けたりしました。ところが痛みは全く変わらず、そればかりか医者からは手術を勧められてしまいました。

「この先、本当に歩けなくなってしまうのではないか?」という不安がいっぱいになってしまい、気持ちが沈んでいたそんな時、あるテレビ番組で「エゴスキュー」を知ったのです。早速、痛み相談に行って個人セラピーを受けることにしました。

「手術しないで治せるならがんばろう!」 と、希望が持てたのです。そして、セラピー受講後は毎朝実践しました。

すると半年ほどで、痛くて長く歩けなかったのに、しゃがみこんで休まずに歩けるようになったのです。また、気が付くと左手も上がるようになっていました。

焦らず、自分の体を理解して、毎日キチンと続けていれば何かが変わるし、改善されていくのを実感中です。

(E.Kさん、東京都、60代)


カテゴリー: 脊柱管狭窄症 パーマリンク